新車の車両価格が100万円以下で購入できる車室内の大きさランキング


新車の車両価格が100万円以下で購入できる車の中で室内空間が一番広いのは?

 

新車の価格が、100万円以内で購入できる車の中で、一番室内空間が広い車を、比較、ランキングしたいと思います。ランキングする方法は、室内長+室内幅+室内高の総合計で数字が大きい順にランキングします。

 

新車の車両価格が100万円以下で購入できる車室内の大きさランキング表

 

新車の車両価格が100万円以下で購入できる車室内空間が広いランキング

ランキングメーカー
(車種名)
 室内長+室内幅+室内高合計
100万円以下で購入できる車もっとも安い車ダイハツ
(ミラ)
2000+1350+12654615
100万以内で購入できる車ダイハツ
(ミライース)
スバル
(プレオプラス)
トヨタ
(ピクシスエポック)
1920+1350+12404510
100万円以下で購入できる車スズキ
(エブリイ)
1910+1320+12404470
100万円以下で購入できる車スズキ
(アルト)
マツダ
(キャロル)
1985+1255+12154455
100万円以下で購入できる車ダイハツ
(ハイゼットカーゴ)
トヨタ
(ピクシスバン)
1860+1315+11154290

 

スポンサードリンク

 

100万円以内で購入できる車の中で最も室内空間が広いのはダイハツ・ミラ

 

 

100万円以内で購入できる車の中で、最も室内空間が広いのは、ダイハツ・ミラという結果となりました。室内寸法の計測値は、ダッシュボードの形状、シートの厚みで変わってきます。ダッシュボードの末端からシートの後ろまでで、数値を計測している場合が多いです。

 

スポンサードリンク

 

今回の新車の車両価格が100万円以下で購入できる車室内の大きさランキングでは、バンタイプの軽自動車と軽セダンと呼ばれるタイプがランクインしています。

 

DSC01395_RDSC01274_R

 

 

  • 上が軽セダンタイプのスズキ・アルト
  • 下が軽バンタイプのスズキ・エブリイ

 

見ていただくとわかる通り形状が違います。今回の新車の車両価格が100万円以下で購入できる車室内の大きさランキングは、室内の人が乗車するスペースの寸法を比較したランキングです。下の写真の軽バンタイプの車は、荷物を積むことが得意です。荷室が広く確保されています。運送業などの輸送業によく使われるのが、軽バンです。用途に合わせてお選びください。

 

スポンサードリンク

学生でも車が欲しい100万以下の新車 100万円以下でも失敗しない中古自動車の探し方