新車の車両価格が100万円以下で購入できる車価格が一番燃費がいい車ランキング


新車の車両価格が100万円以下で購入できる車価格が一番燃費がいい車ランキング

 

 

100万円以下で購入できる安い車

 

 

100万円以内で購入できる新車の中で、一番燃費のいい車をランキングで紹介します。日本で発売されている新車の価格帯が、一番安い価格帯で燃費のいいモデルはどれでしょうか?燃費は、維持費に影響する性能です。新車の販売価格が安くても燃費が悪ければ、最終的なコストが嵩んでしまいます。

 

新車の車両価格が100万円以下で購入できる車価格が一番燃費がいい車ランキング表

 

新車の車両価格が100万円以下で購入できる車一番燃費がいい車ランキング

ランキングメーカー
(車種名)
 燃費
100万円以下で購入できる車もっとも安い車スズキ
(アルト)
マツダ
(キャロル)
37.0km/l
100万以内で購入できる車ダイハツ
(ミライース)
スバル
(プレオプラス)
トヨタ
(ピクシスエポック)
35.2km/l
100万円以下で購入できる車ダイハツ
(ミラ)
24.2km/l
100万円以下で購入できる車スズキ
(エブリイ)
20.2km/l
100万円以下で購入できる車ダイハツ
(ハイゼットカーゴ)
トヨタ
(ピクシスバン)
17.2km/l

 

スポンサードリンク

 

国産車の一番安い価格帯の車で燃費が一番いいのはスズキ・アルト

 

 

国産自動車の100以内位で新車販売されている車の中で、一番燃費がいいのは、スズキ・アルトです。燃費性能は、一リットルで37㎞を走行することが可能です。スズキ・アルトは、スズキのエコ技術、エネチャージと、新しいアイドリングストップを搭載することで、ガソリン車でハイブリットカーに近い燃費を実現しました。

 

アルトは、コンパクトな軽自動車なので、人をたくさん乗せたり、荷物をたくさん積むことは、得意ではありませんが、通勤用、普段のチョイ乗り用など、車の利用目的の一つ「足」としての性能はかなり高い車です。アルトは、オススメな一台です。

 

二番目は、ダイハツ・ミライースです。ミライースは、一位のスズキ・アルトとライバル関係にある車で、競い合っています。燃費性能では、1.8㎞スズキ・アルトより劣ってしまいましたが、1.8㎞と少しなので、気にならない人は、気にならないかもしれません。ただ、兎に角燃費がいい車が欲しいと言われる方には、スズキ・アルトをオススメします。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

学生でも車が欲しい100万以下の新車 100万円以下でも失敗しない中古自動車の探し方